backtotop

Categories: 暮らし

seibisi

日本の中古車マーケットにおいては、10年・10万キロというキャッチフレーズがよく聞かれます。

これは、車齢が10年、あるいは走行距離が10万キロを超えるところで、中古車マーケットでのニーズが極端に低くなる、ということです。


つまり、どれだけていねいにメンテナンスをしている車であっても、10年・10万キロの条件をオーバーしている場合は、ディーラーでの買取り査定額が0円ということも十分にあり得ます。


中古車として売ることができないのであれば、廃車に切り替えて交渉をしてみたら、今度は廃車手数料を請求されてしまったということも珍しくありません。


そういう場合には、廃車買取り専門業者に相談してみることをおすすめします。


廃車専門の業者であれば、リビルド用パーツの世界的なマーケットへのアクセスを持っているため、ディーラーでは価値ありとみなされなかった各種パーツについて、適正な評価を実施してくれます。

 


パーツの種類によっては高額査定がつくこともありますので、中古車としての価値のない自動車でも、廃車手続きをすることで経済的なメリットを受けることが可能です。



車両の状態があまり良くないため、パーツとしての買取りが難しい場合であっても、鉄スクラップの状態にすることでの買取りも検討できます。


自動車のリサイクル関連技術は毎年格段に進歩していますので、あらゆるパーツを再利用することができるようになったため、廃車関連マーケットは最近特に盛んになっています。

廃車にする前に一度目を通しておきたいサイトを掲載しておきます。

車 廃車