backtotop

Categories: 健康

 

・肝臓の肥満症、脂肪肝とは?

kenkou-sindan

脂肪肝とは、食べ過ぎや飲み過ぎによって肝臓に中性脂肪やコルステロールが溜まって肝臓が脂肪化した症状。

肝臓の肥満化と言えます。

肝硬変や肝がん、動脈硬化の生活習慣病など大変な病に進行する恐れもあり注意が必要です。

 

脂肪肝は肝臓に中性脂肪やコレステロールが溜まって、肝臓全体の30%以上が脂肪化している状態の事です。

 

食べ過ぎとお酒の飲み過ぎに加え運動不足が原因となります。

 

男性では40歳前後、女性では40歳以上に多くなっています。

 

脂肪肝はアルコール性脂肪肝と非アルコール性脂肪肝に分けられますが、

お酒の飲み過ぎによるアルコール性脂肪肝は肝硬変、肝がんに進行する恐れがあります。

 

 

また、非アルコール性脂肪肝も肝硬変、肝がんに進行する場合があります。

 

代表的な例が無理なダイエットとリバウンドの繰り返しで肝臓に負担をかけることだと言われています。

無理なダイエットを繰り返し、栄養のバランスを崩すと痩せた女性でも脂肪肝となり病気になる恐れがあるのです。

 

 

・どうやって予防法するのか?

肝臓は「沈黙の臓器」言われ発症しても自覚症状が出ないことがしばしばあります。

 

しかし脂肪肝は肝炎、肝硬変、肝がんと進行する危険があるので手遅れになる前に早期発見治療せねばなりません。

 

そのためには定期的に検査を受け普段から物言わぬ肝臓にも関心を持っておくことが大事になります。

 

また暴飲暴食を慎み、バランスの良い食事をとり、適度な運動を生活に取り入れることが必要です。

 

 

尚、脂肪肝の予防に効果ある分子タウリンがあります。

 

タウリンを多く含む食品は、カキやサザエ、ホタテの貝類、イカやタコにも多く含まれています

 

幸い美味しいものに沢山含まれているので定期的に食べて摂取したいですね。